20年8月

>戻る

 

  • 8月31日(月) ダイブマスターコース(サーチアンドリカバリープログラム) 早川 透明度1~2m 水温 26℃~28℃
    早川でダイブマスターコースを開催しました。本日のプログラムはサーチアンドリカバリー(以下「S&R])
    海中の落とし物を探してリフトバッグで吊り上げ回収するというプログラムです。
    透明度は雨の影響が残り1m~2mとS&Rにはもってこいの海況!捜索範囲の設定が狭くできます!?
    8㎏のウエイトが捜索対象でしたが無事回収しプログラム終了しました。
    ※透明度の理由で水中の作業状況の撮影は不可能でした。
    • 8月29日(土) 伊豆山ボート 透明度4m~8m 水温20℃~27℃
      伊豆山にきました。
      陸は暑くて大変でしたが、海中はヒンヤリして天国でした。深場は20℃とかなりヒンヤリしてました。
      この時期特有の普段は群れないニシキベラのムレやキレイなソフトコーラルなど楽しめました。
      秋にかけて透明度も上がり水温も安定するのでぜひもぐりに行って下さい。
    • 8月25日(火)富戸2ビーチ 透明度~12m 水温22℃~27℃
      富戸でファンダイビングに来ました。
      水温も上がって来て浅場は27℃と南国並み!但し18m以深の深場は22℃とひんやりしていました。
      透明度回復し12m位になりました。
      アオリイカの産卵が始まりました。数えると11杯いました。まだ、産卵床に卵嚢が産み付けられてないので、これからしばらく産卵ショーが見られるでしょう。ムレハタタテダイや大量のキンメモドキなどワイドな世界が広がってました。
    8月18日(火)岩 1ビーチ&1ボート 水温:ボートは水温17℃~22℃ ビーチは26℃~28℃
    猛暑の中、岩でもぐりました。
    ボートポイントの化け根の水深30mにクダゴンベが!でも30mまで行くと透明度上がりますが17℃とキンキンなので早めに退散!クダゴンベくん!ずっと定着してください。化け根の浅いところは魚のムレも多くいつも群れないニシキベラが多く群れてました。小ぶりでしたがルリハタもいました。
    ビーチではコチを狙ってずっと付きまとうミノカサゴ!ドラマでした!いつもいる魚ですが見方変えるとまた面白いですね。
    透明度はまだまだ回復の余地あり。今後に期待です。
    深場は透明度いいですが水温17℃!暖かさを取るか透明度取るか、厳しい選択でした。
  • 8月11日(火)石橋ビーチ 透明度2~6m 水温20℃~24℃
    石橋でファンダイビング開催しました。熱中症厳重警戒でしたが海風が入り日陰はしのげました。
    透明度は長雨の影響が残ってますが、3〜6mまで回復し、が今後更に良くなるでしょう。
    生物はカエルアンコウ2匹(どちらも同じ黒)真っ黒なので写真だとなんだかわかりません。
    定位置のハナタツも健在でしたか浅場のウネリでこれも皆様撮影に苦労されてました。
    ハナタツまだ居そうなのでぜひ見にいきましょう。